電話でアドバイスをもらう

固定電話

とりあえずかけてみる

どんどん複雑になる現代社会の中で、心の問題を抱える人が増えていると言われています。それは単なる気の持ちようだからしっかりしていなくてはいけないと自分を責めてしまう人も多く、病気だと気がつかないということもあるようです。もちろん毎日の暮らしは楽しいと感じることばかりではなく、嫌なこともあり、その時その時によって気持ちは様々に変化します。何かあって一時的に落ち込むことがあるのは仕方ないとも言えますが、その落ち込みが長く続いている場合は注意をしたほうが良いでしょう。落ち込んでいる状態が1日中続いている、しかもそれが毎日でさらに2週間以上同じ状態である場合、それはうつ病を疑ったほうが良いと言われています。うつ病は治療が必要な病気ですが、疑いを持ったとしても医療機関への受診はためらってしまうかもしれません。そんな場合、今は電話相談という方法があり、今の心配事や具体的な状態などを無料で話を聞いてもらうことができます。医療機関への受診に関しても適切なアドバイスがもらえるかもしれません。電話相談は今の状態が治療を必要とするものかどうかという最初の悩みにも対応してもらえるはずなので、悩んでいることがあればまずは電話をかけてみるという選択をするのも良いかもしれません。何かの相談をするのにはお金がかかるというイメージがありますが、無料ならとりあえずかけてみることができるのではないでしょうか。
心の悩みを相談できる場所が今はいろいろあり、無料でそれができる窓口も多く開設されています。体の痛みなどの症状であればすぐに病院へ行っても、目には見えにくい心の問題ですぐに病院に行ける人はそう多くはないでしょう。本人はもとより、その家族の心配も大きいはずなので、どうしたらいいかわからない場合には、まずは無料の電話相談を利用してみるのが良いでしょう。もちろん通話料は発生しますが、相談そのものの料金はかかりません。電話相談は本人だけではなくその家族が電話をかけることも可能で、特にうつ病などデリケートな問題を抱えている家族が電話をかけることは多いようです。ただ、電話をするときには電話で問題を解決しようと考えるのではなく、これから先どのようにしたら良いかといったアドバイスをもらうというつもりかけることが必要です。電話相談でそれはうつ病かもしれないから尿院へ行ったほうが良いというアドバイスをもらえれば、その後の行動もある程度決まってくるかもしれません。うつ病は治療が必要な病気で、その診断も専門医によって行われるので、とにかく病院へ行く必要があります。ですから、悩みを抱える本人も家族もしっかりとそのことを把握しておく必要があるということを忘れないようにしましょう。